地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】構築の幅ありすぎのアグロエルフでランクマ行った日記

f:id:sakuratoame:20181212195626j:plain

グランプリでアグエルにボコボコにされたことをキッカケに、手持ちのカードだけでアグエルを組もうと思ったら、最終的にプレミアムカードを分解してまでカードを生成するくらいにハマってしまったエーテル難民の桜雨です。

構築の幅がありすぎて、すごく作っていて楽しいデッキですが、終わりが見えません。

エルフのデッキを作るのが面白いと気づいたので、これから少しずつアンリミテッドも含めてエルフのカードを揃えようと決意しました。

今回の記事はそんなアグエルで遊んだ感想ですが、OOTアディショナルカード追加後のローテーションAA帯ランクマッチの環境です。

他ランクや以後の弾の環境には対応しません。

作成したデッキ

f:id:sakuratoame:20181213200412j:plain

デッキ内容

1コスト「ウォーターフェアリー」3枚、「ロイヤルクリスタリア・ティア」2枚、「フェアリーサークル」2枚、「対空射撃」3枚

2コスト「フェアリーウィスパラー」3枚、「インセクトキング」3枚、「歴戦の鷹匠」2枚、「水晶の指揮者・リリィ」3枚、「森嵐の報い」2枚、「妖精の調べ」2枚

3コスト「森の女王・リザ」3枚

4コスト「天稟の射手・メーテラ」3枚

5コスト「神殺しの狩人・セルウィン」2枚

6コスト「カシオペア」3枚

7コスト「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」2枚、「翠嵐の斧使い」1枚

このデッキに興味がある方は

デッキ詳細|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ

で、デッキコードを発行できます。

私の構築はそんなによくはないことと構築の幅が広いので、ご自分にあった改造をしてください。

デッキコンセプト

低コストフォロワーを盤面に展開。水晶の指揮者・リリィ妖精の調べでバフをして、相手の体力を削りきるというもので、やることはとてもシンプルなデッキです。

キーカードでありながら、妖精の調べが2枚積みなのはリリィと役目が被るからのと、リリィと比べた時、4ターン目5ターン目の動きが弱いからです。

フェアリーが手札にくるとはいえ、リリィの下位互換と化した妖精の調べは3枚も必要ないと思いました。

ドローが少ないアグロ系デッキなので、ターンが進めば進むほど手札が細くなり、勝率が下がります。

少しでもリーサルに近づけるために、歴戦の鷹匠翠嵐の斧使いを採用しています。

重要カード

このデッキの重要カードはドローソースの森の女王・リザ水晶の指揮者・リリィです。この2つのカードだけは何があっても3積みが必要です。

リリィは中盤を支える重要カードなのでゴールドではありますが、ロイヤルクリスタリア・ティアより優先度が高いです。

森の女王・リザはキーカードだけをドローできるため、フェアリーを溜めこむためにドローを抑えたい、しかし、キーカードだけは確実に引きたいというエルフのデッキに噛み合ったドローカードです。

リザの効果で翠嵐を確定サーチできるため、ピン挿し。2枚目を場に出せたらAoEカシオペアをサーチできるのと何回も場に出すようなカードではないのでピン挿しでいいと思っています。

……翠嵐の斧使いを1枚しか持ってないのもピン挿しの理由だけど……。

個人的にセルウィンは偉いと思ってます

セルウィンは5/3/5で体力が高い守護フォロワーであり、セルウィンを含めてカードを3枚プレイするとファンファーレで敵フォロワーに4ダメージが発生する部分が気に入っています。

セルウィンの効果は7ターン目から発動できるのですが、大体、お互いの進化権が切れた後の4ダメージは守護を突破するのに重宝します。

勝率

5割くらいです。

このデッキを使うと毎回、地味に2連勝します。

対面

有利はネメシス・蝙蝠ヴァンプ・セラフビショップ

ネメシスには負けたことがありません。現在のネメシスはリーシェナかAFというキーカードを引けないと回らないデッキかつ遅めのため、事故りやすいかつアグエルの速さに追いつけません。

蝙蝠ヴァンプは自分から体力を削ってくれるため、こちらのリーサルが一気に近づきます。

セラフビショップは遅いかつ天狐ほど回復を積んでいないため、アグエルの展開力を処理しきれずに押し負けることが多いです。

不利なのはコンシードとアーカスネクロ

苦手なのが守護と回復がメインのコンシード系デッキです。アグロなので仕方ないですが、天狐デッキは壊滅的に苦手。

ギガキマウィッチも真実の宣告1回なら突破できるけど、2回目は難しいです。

アーカスネクロは中盤の展開とドレイン、後半の疾走に負けてしまいます。

五分はロイヤル・マナリアウィッチ・侮蔑ドラゴン

ロイヤルとマナリアウィッチ、侮蔑ドラゴンは勝てる時もあれば負ける時もあるという感じです。

ただ、ロイヤルとマナリアは有利寄りの五分だと思います。ドラゴンは不利寄りの五分。

 

回し方

序盤から展開していく

相手のデッキによって1ターン目にウォーターフェアリーが強いのかフェアリーサークルでフェアリーを増やして、2ターン目に並べるのが強いのか変わります。

ウィッチやAFネメシスだったら、1ターン目にウォーターフェアリーを置きたいです。

どちらの動きが強いのかは相手のデッキ次第ですが、フェアリーを展開し、次ターンまで1体でも多くのフェアリーを残していくことに変わりはありません。

5ターン目までに森の女王・リザをプレイし、1コストフォロワーと翠嵐の斧使いをドローします。

理想は3ターン目に置くことですが、3ターン目に手札がフェアリーまみれの場合で8枚とかある場合、カードが燃えてしまうので、場に出しません。

序盤でカードが燃えるのはドロー力のないこのデッキでは命とりです。

中盤

盤面処理をしながら、フォロワーにバフをして相手リーダーの体力を削りきります。極限まで上振れると5ターン目で勝てます。

進化権はドローソースになる及び1対2交換ができる天稟の射手・メーテラ水晶の指揮者・リリィに優先して使いたいです。

後攻ならば天稟の射手・メーテラ進化という動きも強いですが、中盤はリリィや妖精の調べで1コストフォロワーをバフして強い盤面を作り、相手を圧倒することを目指します。

この中盤で強い動きができるかどうかで勝率が大きく変わります。

先攻4ターン目に1コストフォロワー2体とリリィを場に出すことで、実質、6コストの盤面を作り出すことができます。

前のターンに出したフォロワーが盤面に残っている場合、それもバフされるので、相手リーダーに結構、大きなダメージを与えることもあります。 

ただし、体力は強化されないため、並べてもすぐに除去されやすいという欠点もありますが、相手にAoEがない場合、1体か2体残った状態でターンが帰ってくることが多いです。

5ターン目も同じようにバフをして、相手リーダーの体力を削ることを目標にします。

上振れると、6ターン目に1コストフォロワー+リリィ+妖精の調べでさらにバフをすることもあります。

終盤

終盤も基本的には盤面処理をしながら、フォロワーにバフをして相手の体力を削り切ります。

翠嵐の斧使いは7ターン目に確実にプレイしたいです。

このデッキはあと2点や4点足りないということが多いので、翠嵐の斧使いの2点ダメージがリーサルにとても役立ちます。

これが理由で歴戦の鷹匠も採用しています。飛翔する狩鳥の2点疾走があながちばかにできません。

リーサルターンは9ターン目が多いです。手札もなくなりがちになるので、早めに決着をつけたいです。

ギルネリーゼも採用していますが、ギルネリーゼのバフで勝ったことは2回しかありません。

長期戦になった時のドローソースとしての役割のほうが多いです。

しかし、後半ほどプレイ回数を稼いでインセクトキングやセルウィンで除去、カシオペアで除去したいのでギルネリーゼを出すタイミングがなく、そのまま押し負けるパターンも多いです。

ギルネリーゼでドローできるのである程度長期戦もできるとはいえ、長期戦は得意ではありません。

おまけ・レジェ控えめアグエル(勝てるとは言わない)

f:id:sakuratoame:20181214204909j:plain

 

デッキ内容

1コスト「ウォーターフェアリー」3枚、「フェアリーサークル」2枚、「対空射撃」3枚

2コスト「フェアリーウィスパラー」3枚、「エルフの鍛冶師・レーネ」3枚、「水晶の指揮者・リリィ」3枚、「森嵐の報い」3枚、「妖精の調べ」3枚

3コスト「飢餓の輝き」2枚、「森の女王・リザ」3枚

4コスト「天稟の射手・メーテラ」3枚、「バーストショット」3枚

7コスト「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」2枚、「煌刃の戦士・ベイル」3枚

 このデッキについて

一応、レジェンド控えめのデッキも作ってみました。インセクトキングはピンでもあると強いです。

リザは純心の歌い手に変えてもいいですが、ベイルを早めにサーチすることで、コストが低くなり、0コストでプレイすることができます。

ギルネリーゼとベイルを1枚ずつ減らして、ルリアを2枚積むことで、8ターン目にルリアでギルネリーゼを確定サーチ可能です。

基本はこのデッキも低コストフォロワーをバフして、相手の体力を削り切ることです。

バーストショットは除去兼フィニッシャーですが、このカードでの勝ちはほぼありません。

このデッキにご興味がある方は以下からデッキコードを発行できますが、強くはないです。フリマでミッション用としてなんとか使えるかなという感じです。

デッキ詳細|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ

エルフは構築もプレイも選択肢が多いデッキで楽しい

低コストのカードが多いため、構築とバトル中の1ターンの選択肢がとにかく多いです。そして、体力が低いため、どうしたら自分のフォロワーが次ターンまで残るか、相手の次の動きは何かなど考えることも多いです。

プレイしていても構築していても本当に楽しいです。