地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】ネメシスの新おもちゃ外界の理デッキで遊んでみた

こんにちは、急に寒くなってしまい、嫌だなーと思っている桜雨です。

今回の記事とは関係ないのですが、2Pickをやったら1コストと2コストしか来ず、15枚ほどピックしたのですが、3ターン目までどちらのコストのカードも一切きませんでした。

フィニッシャーのカードも来なかったので、勝ち筋すらありません。もちろん負けました。

それで、今回は外界の理でデッキを作ってみたので、その感想について書いていこうと思います。

作成したデッキ

f:id:sakuratoame:20181207190924j:plain

デッキ内容

0コスト「生命の量産」3枚、「オートメーション」3枚

1コスト「加速装置」3枚

2コスト「悪魔のエピタフ」3枚、「破壊の信者」3枚、「レジスタンスの指導者・ルキナ」3枚

3コスト「純心の歌い手」3枚、「破壊の従者」2枚、「すり替わり」3枚、「パペットルーム」2枚

4コスト「破壊の使徒」2枚、「人形遣いの糸」2枚、「クリスタルキャノン」3枚

5コスト「立ち上がりし鋼の戦士・シロウ」3枚

6コスト「外界の理」2枚

デッキコンセプト

今回はキャノンネメシスをベースにしています。最重要カードの外界の理が2枚しかないのは、エーテル難民ゆえ2枚しか生成できなかったからです。

クリスタルキャノンを出して、外界の理の効果でデッキをAF化。その後、キャノンで盤面処理をしつつ、相手リーダーの体力を削り切るというものです。

デッキにカードを入れ過ぎて外界の理クリスタルキャノンといったキーカードのドローが遠くなるのと余計なAFをドローするのが嫌なので、AF系のカードのほとんどを不採用にしています。

これはAF系フォロワーは盤面処理が苦手というのも関係しています。ただ、悪魔のエピタフだけは相性が良かったので採用しています。

外界の理着地前の盤面処理はパペットルーム破壊の従者がメインですが、破壊耐性を与えるレジスタンスの指導者・ルキナがただひたすらに偉いです。

外界の理を場に出す前に、ドローをできるだけしたいのと外界の理とキャノンを早めに手札にほしいのでドローカードは多めです。

遊んだ感想

私のプレイヤースキルではほとんど勝てなかったです。フリマで10戦して4勝くらいと勝率が低いです。ランクマに持っていけるデッキを作ることができませんでした。

遊んで感じた下界の理のメリット

スタッツが高いので、盤面に残りやすいフォロワーだと感じました。正直な話、これだけです。

遊んで感じた下界の理のデメリット

 下界の理を盤面に出す前にドローできたカードによって、下界の理着地後の戦況が変わることです。

AoEなどのスペルがドローできなくなるので、盤面処理手段が手札のカードとクリスタルキャノンだけになってしまうのですが、このキャノンをドローできるかどうかで戦いやすさが変わります。

クリスタルキャノンは主に盤面処理をすることになるので、相手のリーダー体力を削ることはほとんどできません。しかし、AoEがないので盤面への3ダメージが本当にありがたいです。

難点はわりかし熾天使の剣で割られてしまうことです。そのため、2枚ドローしたいですが、そう簡単に2枚も来ません。

外界の理はやっぱり使いづらい

わかっていたことですが、使いづらいカードです。

2Pickでもピックしたくないカードですが、疾走を持つレディアントAFのおかげで外界の理を場に出すまでにドローできた手札次第では戦えないわけではないという感じ。

勝った対戦は全てクリスタルキャノンを出して割られずに、レディアントAFを連打で勝ちました。

クリスタルキャノンをドローし、レディアントAFを連続で何枚もドローするという上振れがなければ、勝てないということです。

ただ、AFはシナジーデッキなので、今後の追加カードによっては面白い遊び方ができるカードに変わるかもしれないので、侮れないとは思います。