地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】OOT期ネメシス人形デッキでローテAA帯ランクマした感想

こんにちは、グランプリにネメシスや蝙蝠ヴァンプを持っていっても決勝に進出できなかったので、ヤケになってマナリアを作ったら見事決勝に進出できなかった桜雨です。エーテル全部消えました。

Aグループ進出決めたのはいいけど、次のラウンドでネクロとしか当たらず、フルボッコ状態です。

そんなことはいいのですが、人形ネメシス自体はまだランクマで3連勝と小連勝できるくらいには強いので、今回は人形デッキについて書いていこうと思います。

今回の人形デッキ

f:id:sakuratoame:20181123153138j:plain

カード内容

1コスト「虚数物体」2枚

2コスト「フラワードール」3枚、「ハーメルン」3枚、「リトルパペッター・ロココ」3枚

3コスト「純心の歌い手」2枚、「オートマタナイト」3枚、「清新なる銃設計士・ククル」3枚、「パペットルーム」2枚、「すり替わり」3枚

4コスト「破壊の歌声」2枚

5コスト「神秘の番人・スピネ」3枚、「心無き決闘」2枚

6コスト「外界からの侵略者・バジリス」2枚

7コスト「奮励の儁秀・シルヴァ」3枚

8コスト「人形の少女・オーキス」2枚

10コスト「復讐の人形遣い・ノア」2枚

デッキコードは下記からどうぞ

デッキ詳細|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ

カードの採用理由とコンセプトについて

横並び&大型フォロワーを意識した後ろ寄りのミッドレンジです。

ドラゴンが強い他にも10コスOTKのマナリアがいる環境なので、虚数物体を2枚積み。

破壊の歌声は実質6コスから9コスのAoEなので、使い勝手が悪いです。

今回、2枚積みのカードが多いのはオーキスノアはゲーム終盤で1回しか使わないので、序盤に来られても困るという理由で2枚積み。

最初は3枚積みだったのですが、人形デッキは人形を溜めこむ上に手札が減らないこともあるので、中盤に2枚も10コスや8コスが手札に来られても困るという理由です。

そういうわけで、対戦中1回しか使わないカードだけは2積みです。ただ、心無き決闘は3積みしたいカードですが、枠がない。

対面

今回のデッキでエルフAFネメシスと対戦したことがないので、エルフとAFネメシスについては書けません。ただ、今期、エルフに負けたことがないので有利寄りかもしれません。

AFネメシスはミスティックAF連打されるもしくはブン周りでこちらの不利になる可能性が高いです。

有利はドラゴン、蝙蝠ヴァンプ、純セラフ

ドラゴン蝙蝠ヴァンプ天狐抜きの純セラフビショップへの勝率がいいです。

特に、ドラゴンには虚数物体リトルパペッター・ロココが刺さり、蝙蝠ヴァンプには虚数物体心無き決闘決意の人形・オーキスから登場するロイドが刺さります。

セラフビショップに対してはリトルパペッター・ロココが効果的です。

不利はアーカスネクロ、ロイヤル、天狐

アーカスネクロは無理。かなり相手が事故ってくれないと勝てません。ただし、ギルネリーゼプランに切り替わった場合はこちらの勝率がやや上がります。

ロイヤルは不利と五分の中間でそこまでハッキリと不利ではないです。

天狐は昔ほど不利ではないですが、エンハシルヴァでリーサルをずらされるのが辛いです。

五分はウィッチ、リーシェナネメシス

ウィッチは先攻取れたら勝ちみたいなところがあります。最近は熾天使の剣を積んでいないことが多いため、虚数物体が割られることが少なく、ギガントキマイラのダメージを軽減している間にこちらがリーサルということも少なくありません。

マナリアウィッチについては何回もフォロワーを場に展開されると厳しいです。

ネメシスについてはリーシェナとしか対戦したことがないですが、虚数物体を割られると負けます。相手がリーシェナを引けないと勝てます。

回し方

基本はマナカーブに忠実な動きをすることが基本。AFやドラゴンのように爆発力のある戦い方ではなく、序盤から終盤まで同じペースで戦っていくのが基本です。

序盤

2ターン目にフラワードール、3ターン目にエンハシルヴァククルオートマタナイトを突進させます。シルヴァがない場合はオートマタナイトが理想の手です。

フラワードールやオートマタナイトを使い、早い段階から操り人形を手札に入れ、序盤の除去に使っていきます。

ビショップドラゴンを相手にしている場合でハーメルンがあるのなら、リトルパペッター・ロココハーメルンで増やして温存します。

ネクロマンサーにはロココは2コスバニラの可愛いファイターとして雑に場に出していきます。

現在のネクロマンサーグレモリーでの進化や飢餓の絶傑・ギルネリーゼでバフができるため、ロココのテディベアも厄介な存在になってしまいます。

パペットルームは3ターン目から4ターン目に置けると中盤に進化権を残しやすくなりますから、手札にあって他に良い手がないのなら早めに出したいです。

中盤

中盤は進化権を使って除去していきます。パペットルームを置けると操り人形を確保しやすいため、温存もしやすくなりますが、リーサルに向けて人形確保を考える段階です。

5ターン目に神秘の番人・スピネを置けると、盤面に2体展開できる上にスピネのアーティファクトによるドローもできます。基本的にこのデッキのドローソースはスピネのアーティファクトです。

人形を4枚貯めこみたいので、手札が3枚から4枚になるように調整していきたいですが、時々失敗してしまうことがあります。強い盤面を作ることと手札を消費することはイコールではないので辛いところです。

終盤

復讐の人形・オーキス復讐の人形遣い・ノアによるフィニッシュターン。3ターン目か4ターン目にエンハシルヴァを使えていて、人形を溜めこめていた場合、オーキスかノアのどちらかでのフィニッシュが可能になります。

このデッキには9ターン目の動きがありませんが、スピネを破壊の歌声で破壊することにより、潜伏した飢餓の絶女傑・ギルネリーゼを破壊することができるため、ギルネリーゼプランを採用したアーカスネクロに対しての勝率が上がります。

ここでギルネリーゼを破壊できない場合、幽想の少女・フェリグレモリーの効果によりギルネリーゼ進化3回攻撃ドレインで大量回復されてしまい、リタイアせざるを得なくなります。

安定性の高さは健在 

現在の人形デッキは前環境のような強さはありませんし、ネクロマンサーに明確に不利が着きます。そして、AFやリーシェナデッキに比べて爆発力もありません。

しかし、事故率が低く、安定性が高いデッキです。

そのため、ネメシスの中ではランクマ向きのデッキと言えますが、ロングゲームになりがちで、短い時間で何戦もランクマをしたい人には不向き。

ノアがナーフされリーサルターンが10ターンになってしまいましたが、現在の環境が後ろ寄りで安定したため、人形もいい具合に適応でき、現在もAA帯のランクマではありますが、2連勝や3連勝程度の小連勝は可能です。