地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】OOTローテーション環境でリーシェナデッキ5つ作ってみた

こんにちは、最近、シャドウバースをする時間を増やすことができた上に、リーシェナの黒きと白きのアミュレットによる10点ダメージが楽しすぎる桜雨です。

そのため、馬鹿みたいにリーシェナネメシスばっかり作ってみました。

今回はそれを5つも羅列する記事です。

それと、画像は英語版シャドウバースになってます。英語の勉強のために英語版にしたのはいいのですが、日本語版に戻す方法がわかりませんでした。

今回の記事はOOTアディショナルカード追加前の環境となります。以後の環境には対応しません。

ミッドレンジ型

f:id:sakuratoame:20181108151809j:plain

デッキ内容

1コスト

虚数物体」2枚

2コスト

ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」3枚、「破壊の信者」3枚、「熾天使の剣」2枚

3コスト

「純心の歌い手」2枚、「トイソルジャー」3枚、「すり替わり」3枚、「パペットルーム」3枚

4コスト

「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚、「破壊の歌声」2枚

5コスト

「心無き決闘」3枚

6コスト

「外界からの侵略者・バジリス」2枚

8コスト

「人形の少女・オーキス」3枚

コンセプト

蝙蝠ヴァンプと横並びを重く見たミッドレンジです。オーキスでコンシード寄りの動きができるようにしています。

前のめり型リーシェナ

f:id:sakuratoame:20181108152431j:plain

カード内容

1コスト

「ゴブリン」3枚、「素敵な発明家」3枚

2コスト

「天界への階段」2枚、「ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」、「破壊の信者」3枚

3コスト

「純心の歌い手」2枚、「破壊の従者」3枚、「パペットルーム」3枚、「すり替わり」3枚

4コスト

「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚、「破壊の歌声」2枚

6コスト

「外界からの侵略者・バジリス」2枚

コンセプト

前に寄せに寄せたリーシェナ。白き破壊のアーティファクトは最短6ターンで出せる構築ですが、6ターン目にアミュレットを置かせてくれるような盤面を作ってくれる奇特な対戦者なんていません。

前のめり型ではありますが、アミュレットで最低2ターン使って体力を削り切るので、アグロのような早いターンでの決着は無理です。

人形寄せリーシェナ

f:id:sakuratoame:20181108153106j:plain

デッキ内容

1コスト

虚数物体」2枚

2コスト

ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」3枚、「破壊の信者」3枚、「熾天使の剣」2枚

3コスト

「純心の歌い手」2枚、「清新なる銃設計士・ククル」2枚、「すり替わり」3枚、「パペットルーム」3枚

4コスト

「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚、「破壊の歌声」2枚

5コスト

「心無き決闘」3枚

6コスト

「外界からの侵略者・バジリス」2枚

7コスト

「奮励の儁秀・シルヴァ」3枚

8コスト

「人形の少女・オーキス」3枚

コンセプト

シルヴァとククルというネメシス随一の強ムーブを取り入れることで、リーシェナが駄目でもシルヴァオーキスというサブプランが取れるようにしたデッキ。

ただ、シルヴァオーキスプランは勝ち筋としてとても細いです。あれだけ猛威を振るったBOS人形デッキでさえオーキスがメインリーサルのものはなかったことからもどれだけ細いか察していただけるのではないでしょうか。

当時はノアがナーフ前だったからオーキスはないという意見もあるでしょうが、今もあくまでも人形軸のリーサルはノアであることが多いです。シルヴァオーキスプランを重く見るなら、通常の人形軸にしたほうがいいと思います。

最初はエンハシルヴァというネメシスの強い動きをしたかったので、これを使っていたのですが、エンハシルヴァが発動しても白きと黒きのアミュレットさえ置ければリーサルターンに変化がないため、シルヴァは抜きました。

レジェンド抜き

f:id:sakuratoame:20181108154041j:plain

デッキ構成

1コスト

「光明齎す発明家」3枚、「虚数物体」3枚

2コスト

熾天使の剣」2枚、「天界への階段」2枚、「ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「破壊の信者」3枚

3コスト

「純心の歌い手」2枚、「オートマタナイト」3枚、「すり替わり」3枚、「パペットルーム」3枚

4コスト

「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚、「破壊の歌声」2枚

5コスト

「心無き決闘」3枚

6コスト

「外界からの侵略者・バジリス」2枚

コンセプト

レジェンドをリーシェナだけに絞った構成。リーシェナを引けないとお話にならないので、ドローを重要視し、前のめり型にしています。

AF混合型

f:id:sakuratoame:20181108155818j:plain

コンセプト

誰かの配信を観ている時に、対戦者が使用していたAFリーシェナネメシスを基にしました。

通常のAFネメシスだと4ターン目から6ターン目に強い動きがないため、リーシェナで補うことが多いのですが、こちらはあくまでもリーシェナをメインにAFを混ぜたデッキです。

イカロスはロココに変更してもよさそうですが、スピネとククルの横並びが強いです。先攻5ターン目にリーシェナを置くと、6ターン目にスピネ、エンハククルという動きになって、PPが余るので1コスフォロワーを入れたくなります。

どのデッキでも基本の動きは一緒

リーシェナを全力マリガンして、進化ターンまでにリーシェナを引いて、リーシェナに進化を切って、アミュレットを置くが勝ち筋です。

回し方のコツはリーシェナを引くこととアミュレットのコスト減を捗らせるために、進化ターンに人形を最低2枚用意するようにすること。どのデッキもリーシェナを置く以外の勝ち筋は細いです。

フォロワーを並べてギルネリーゼでバフして相手のフェイスを削りにいくという今流行りの動きは、ブログ主がギルネリーゼを持っていないためにできませんが、持っていたとしてもこの勝ち筋も細いと思います。

あくまでもリーシェナネメシスにおけるギルネリーゼはドローソースとドレインメインだと思います。

対面について

相手がメタのカードである堕天やスットゥングなどを積んでいるかどうかで勝率は変わります。こっちの10点ダメージという理不尽を押しつけるデッキなので、相手が対抗できなければ力で押し勝つイメージ。

そのため、ワルツを積んでいるロイヤルには高い確率で負けます。

ビショップもブローディアを出されると負ける確率が上がります。

リーシェナは同じアミュレットを何回も出せるデッキではないので、1度の堕天で負けてしまいます。その対策として破壊の使徒を積むという選択肢がありますが、正直、出せるタイミングが少ないです。

リーシェナネメシスは強いけど、弱点も多いデッキ

アミュレットでダメージを与えるという性質上、メタりやすいため、Tireの高い位置にいけるデッキではありません。ですが、Tireの上位にいないということは対策されていないことが多いということでもあります。

現状はそこを狙って戦っている感じですが、ロイヤル環境になったら最初に絶滅するデッキです。

そのため、無課金軽課金の人がリーシェナを3枚当てたならまだしも、1枚も持っていない状況でリーシェナを3枚作るのはおすすめしません。

リーシェナは必ず3枚用意しないといけない上に、Tireの上にいけるデッキではない及び環境によっては完全に駆逐されるからです。

既存のAFデッキにリーシェナを取り入れるといった使い方を今後もするのなら、作ってもよさそうですが、デウスエクスマキナがローテ落ちした以降のAFは正直未知数。

でも、リーシェナは楽しいから、おすすめもしたいのですが、おすすめできるものでもないから、もどかしいなー。