地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

ヨガをして感じた100%良いことだらけの体の変化5つとメリット5つ

こんにちは、徹底的に体力のない桜雨です。

そのため、すぐ疲れ、すぐ眠ります。その上、すぐ体調も崩します。速攻で自律神経も乱れます。これではいけないと体質改善を志しました。

最初はゆるランをしていたのですが、体力を増やすためには筋肉も重要らしいという情報を入手。しかし、筋肉はランニングといった有酸素運動ではあまり増えないようなのです。つまり、無酸素運動、いわゆる筋トレが必要ということになります。

筋トレをやってみたのですが、筋トレ続かない。すぐ飽きる。

この壁にぶち当たりました。そこで目をつけたのが、YouTubeのヨガ動画です。

ヨガはポーズと呼吸法により、体のバランスを整えることができ、無酸素運動に分類されます。つまり、筋トレの一種といえなくもありません。

数日間やってみて、自分なりに感じた体の変化について書いていこうと思います。

ヨガをして感じた体の変化5つ

体が引き締まった

ヨガのポーズを続けたお陰で、体が引き締まりました。実際に測ってはいないので、数字的には変化はないかもですが、触ったら良い感じ。水着や露出度の高い服を着る機会はないですが、たるんでいるよりも引き締まった体のほうが嬉しいです。

体のコリが楽になった

ウェブライターの上に、趣味も動画鑑賞やブログなどの文章の執筆であり、1日中椅子に座りっぱなしです。そのため、体はゴリゴリに凝り固まっています。いつも肩回りが重いのですが、ヨガのあとはコリが楽になります。

体が動かしやすくなった

いつも同じ姿勢で、体を大きく動かすことがないため、可動域も知らない内に狭まっていました。ヨガのストレッチにより筋がほぐされたのか体がかなり動かしやすくなりました。

血流が良くなった

私は血流が本当に悪く、それが原因の耳鳴りもしているくらいです。しかしながら、血流が良くなったのか耳鳴りも軽くなりました。耳鳴りは寝る時などは眠れないくらいにうるさいため、嬉しい体の変化でした。

食欲が増した

基本的に座りっぱなしのため、食が細いです。ドーナツ一個で満腹になることもあれば、1日食べなくても平気な日もあるくらいです。そのため、痩せています。一時期は母が父に、「お前は桜雨に飯を食わせずに虐待をしているのではないか」と疑われたくらいです。

動かないので食べないという悪循環により、体力が低下した上に内臓も元気を失ったのだろうという推測も簡単に立てられますが、ヨガにより内臓が活性化したのか食べ物の消化が早くなり、結果、食欲が増しました。

ちなみに、普段から食欲旺盛な方の場合は内臓も元気だと思いますので、私のような食欲増進効果や胃腸が活発に動き出したという変化はあまりない気がします。

ゆるランをしてもあまり内臓は活性化しなかったのですが、ヨガはポーズによっては内臓のマッサージ効果があるらしく、それが良かったのでしょう。小食で困っている方にヨガはおすすめです。

ヨガのメリット5つ

YouTubeの動画なら無料でヨガができる

ヨガの本もあるのですが、本を見ながらやるのとインストラクターの動画を観ながらやるのとでは全く違います。やっぱり動画で確認しながらストレッチをしたほうが筋肉の伸びもいいです。

YouTubeなら無料ですし、一人で動画を観ながらやる分には初期費用が一切掛からないです。

その日の気分や体調で運動の強度を選べる

ヨガはポーズによって筋肉への負担が違います。楽にヨガをしたいと思ったら、リラックスとか寝たままとか書いてある動画を選ぶといいですね。

運動音痴でもできる

基本的にポーズを取るだけなので反射神経などは求められません。反射神経を鍛えることも大切だとは思いますが、運動音痴には反射神経が必要なものを毎回するのは辛いです。

私は運動音痴なので、反射神経とかコントロール力とかがありません。そのため、単純な動きだけをすればいいランニングやヨガはうってつけです。

色々なポーズがあるので単調になり辛い

筋トレが飽きるのは同じ動作を繰り返すからと個人的には思っています。筋トレ要素が強くて同じ動作を繰り返すヨガもありますが、基本的には色々なポーズがあるため、筋トレよりは飽き辛いです。

内臓のマッサージ効果がある

ポーズによっては内臓をマッサージできるそうです。そのため、デトックス効果があったり内臓の活性化が可能とされています。ヨガで胃腸の動きが活性化するポーズをしたところ、胃腸が活性化したのを感じたので内臓へ良い効果があるのだろうとは感じています。

ヨガでの注意点

無理をしない

ヨガのポーズは一見簡単そうだけど、やってみるとキツイものもかなりあります。無理をすると、無駄に筋肉を傷めることになるので、無茶は禁物です。自分の体に見合ったポーズをすることが大切。

最初は初心者向けの簡単なポーズしかできなくても続けていくと体に筋肉がついたり、柔軟性は高まるので、無理をしなくてもできることが広がります。ヨガも継続が大切です。

体重を減らしたい場合は有酸素運動がおすすめ

ヨガは無酸素運動に分類され、カロリーの消費自体は多くありません。170㎝の30歳男性が30分ヨガをした場合の消費カロリーは60キロカロリーです。(

ヨガ 消費カロリー | カロリー一覧・検索ならイートスマートより)

調べたところ脂肪燃焼効果は期待できるみたいですが、消費カロリーを意識するなら、有酸素運動のほうがいいということになります。ただし、有酸素運動は消費カロリーが高いのですが、体を引き締める効果は低いものが多いです。

ヨガは体を引き締めるといった美しい体を作るのに向いているため、有酸素運動でカロリーを消費し、ヨガで体を引き締めるといったように組み合わせるのが良いと思います。

ヨガをして元気になろう!

私はヨガをしたお陰で、体調が良くなりました。YouTubeの動画を観ながらなので、自分のペースでできることが気に入っています。室内でできますし、お金もかかりません。

運動音痴の人でもかなりお手軽にできるので、体を引き締めたいという目的以外にも内臓を元気にしたいや外に出るのが億劫という人にもかなりおすすめです。