地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【カップラーメンレビュー】「明星食品 中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯麺」食べてみた!

こんにちは、この頃、あまりにも眠りたくて仕方がない桜雨です。

そのため、一日の大半を寝て過ごすことも珍しくありません。いつも春と秋は眠くて活動時間が極端に減っちゃうんですよね。

そうはいいつつも、今回は10月1日発売の「明星食品 中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯麺スーラータンメン)」を食べてみました。この商品は赤坂榮林という中華料理店が監修したもので、中華三昧シリーズの一つとなります。

f:id:sakuratoame:20181006090035j:plain

鶏のうまみをベースにアサリ、ホタテの旨味を加えたしょうゆスープに酸味と酸味と辛さを合わせた酸辣スープです。香酢とごま油のコクと香りでお店の特徴を再現しました。

「明星 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」「明星 中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯春雨」(10月1日発売) | 日清食品グループ

とのことです。

サイトの説明ではかなり美味しそうでしたが、酸辣湯麺を美味しいと思った記憶がない。個人的に味が好みじゃないのか今まで美味しい酸辣湯麺に出会ったことがないのかを確かめるつもりで、挑戦していこうと思います。

 早速作りました。

f:id:sakuratoame:20181006090329j:plain

酸っぱい香りや辛い香りが辺りを漂います。この時点で食欲がそそられますね。

 緑色の葉っぱはチンゲン菜です。かやくは他にかきたまと小さなシイタケが入っています。しいたけはすっごく小さいです。

 

いただきます

f:id:sakuratoame:20180925073240j:plain

スープにはとろみがついていて、なかなか冷めません。味は最初に辛みがきます。私には強く感じましたが、そのあと酸味がきました。個人的には辛み7酸味3の割合って感じがします。

酸味は熱が加えられたことによりマイルドになっているので、食べやすいです。私はオスのツンという風味が苦手なのですが、そのツンが薄いのでお酢が苦手な人も平気な人は多いと思います。

麺は細いちぢれ面でかなりツルツルで、飲みこみやすいです。ノンフライ麺なので、カロリーを気にする人も嬉しいのではないでしょうか。

酸味と辛みにより食欲がかなり増進され、箸が進みます。酸辣湯麺は女性に好きな人が多いと聞きましたが、その理由もわかります。あっさりとしていながら、ごま油のコクや風味もしっかり感じられ、単なるあっさりヘルシー麺料理よりも満足感が高いですね。

本当は女性も脂ガッツリ飯が好きなんだけど、そうなるとカロリーが云々以前に重すぎて量が食べられなくて残しちゃうから、胃袋的には満足できても気持ち的には満足できないって人は少なくないと思います。

そういうわけで、酸辣湯麺くらいが女性には丁度良いのではないかなと。

母にも食べてもらいましたが、すっぱ辛いという感想をいただきました。酸味のほうを強く感じたみたいです。

温くなると、辛みよりも最初に酸味を感じます。スープの貝や鶏の味は酸味や辛みのほうを強く感じたため、そんなに感じることはありませんでした。けど、このスープもきちんとおいしいです。

f:id:sakuratoame:20180924071202j:plain

とろみも強いし辛みもあるので、とても体が温かくなります。そのため、体を温めたい時とかにもよさそうです。とろみのおかげで冷めづらいので、温かい状態が長く続きます。

酸味であっさりとしていながら、香油のおかげでコクがあります。そのため、ちょっとあっさりしたものが食べたいけれど、あっさりし過ぎるのも物足りなくて嫌という時にもすごくいいと思います。 酸味や辛みが得意な人にはおすすめです。