地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

レジェ1枚しか積んでいないのに、意外とランクマで勝てる暗黒ウィッチデッキがすごい

こんにちは、スピネスキンが当たらない桜雨です。シャドバでようやくAA1ランクに辿りつけました。

今回は最近、ランクマで回している暗黒ウィッチデッキについて書いていこうと思います。デッキの画像も掲載していますが、正直、構築はまだ要練りこみなので、いないとは思いますが、間違っても参考にしないでください。

暗黒ウィッチデッキに興味がある方はオープンレックで配信しているマトモさんの過去の配信をご覧ください。私が使用しているデッキはアディショナルカード追加前のマトモさんの暗黒デッキを元に自分なりに使いやすいようにアレンジしたものです。

この記事はBOSアディショナルカード追加後のローテ環境の記事になります。以降の環境には対応しません。

筆者が使用している暗黒ウィッチデッキ

f:id:sakuratoame:20180829213551j:plain

暗黒の召喚士を主軸にしたデッキで、7ターン目までにデッキ枚数を20枚以下にして、フレイムデストロイヤーと暗黒の召喚士とそのトークンを並べ、殴るという脳筋ゴリラデッキです。

勝ち筋は殴り切る以外にも高スタッツを何体も並べることで相手に処理を強要し、リソースを消費させ、相手の勝ち筋を潰すこと。

人形ネメシスに対して強く、アグロには弱いデッキです。ウィッチにはやや不利。天狐は不利。他のミッドレンジやコントロールといったロングゲーム系のデッキであれば、ほとんど問題なく戦えます。

私が使用しているのはレジェンドがピン刺しというお安いものですが、AA帯のランクマではそこそこに通用します。

今回紹介したデッキのデッキコードは、

デッキ詳細|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータ

から取得可能……なはず。キーカードはほとんど入っているので、アレンジするだけでもっと強いデッキになります。一から組むのが面倒臭いという方にご活用いただければと思います。

しかしながら、本当に重要なのは暗黒の召喚士ではない

本当に強いのは呼び覚まされし禁忌です。一応、私のデッキでもピン挿しになっていますが、このカードが本当のキーカードです。私が掲載したデッキの画像でピン挿しなのは禁忌が1枚しかないからになります。

一度、禁忌なしで作ったのですが、暗黒の召喚士だけだと、相手のライフを削り切れず負けやすい上に、中盤守り切れずにどうしてもこちらのライフが削られてしまいました。

あくまで暗黒の召喚士はフィニッシャーなのだと気づきました。

そして、暗黒ウィッチは7ターン目に暗黒の召喚士を出すために、序盤はドローを中心に進めないといけないデッキです。そのため、9枚ドローしたら全体バーンを持つ禁忌が噛み合います。

禁忌は3/6/6という高スタッツのお陰で、相手にダメージを与えられる上に、相手が除去しないといけないので、こちらのライフダメージも抑えられるんですよね。

ドローを重視するデッキなので、ピン挿しでもわりかし引けるところも優秀。ただ、最強の暗黒ウィッチを目指すなら1枚では足りません。

一応、暗黒ウィッチのマリガンや立ち回りについて

マトモさんが配信で暗黒ウィッチのマリガンとか立ち回りを解説しているので、配信を観れるなら構築も含めてそちらを参考にしたほうがいいです。ここで書くのは私が感じたことでしかありません。

マリガン

未来視の魔女、マジックミサイル、精神統一はキープ。

フレイムデストロイヤー、炎の握撃、運命の導きのようなスペブ系はキープしない。

禁忌はドローが進むカードと後攻であればキープしてもよさそう。

基本的にどのデッキ相手に対してもドローを進める、7Tに暗黒の召喚士を出して強い盤面を作ることを目指すため、ドローカードをキープします。

最近、アグロが多いロイヤルにゴーレムアサルトキープという選択肢もありますが、アグロには弱いので諦めたほうが吉。

序盤の立ち回り

 序盤はかなりスロースタートです。2ターン目未来視の魔女を置き、スペルをドローするのが理想。3ターン目にマジックミサイルと合わせて、2/2/2を討ち取ったり、マナリアの知識のスペルを発動し、ダメージを抑えます。

3ターン目に禁忌をポン置きするのも相手に処理を共用できるので強いです。置き禁忌は後攻のほうが強い印象。後攻4ターン目に進化で相手の顔殴れるから。

ドローを優先するため、序盤では相手のリーダーにダメージを与えることはほぼ無理です。アグロに弱いのも序盤がとにかく弱く押し切られてしまいます。

中盤の立ち回り

中盤はドローのついでにウィンドブラスト、カリオストロで除去を進めます。

呼び覚まされし禁忌は置物でもいいですが、5ターン目から6ターン目に精神統一と合わせて、呼び覚まされし禁忌の全体バーンを発動するのが理想です。

もし、全体バーンを発動できなくても相手が勝手に除去するため、ライフダメージを抑えるための優秀な置物となりますし、手動進化の顔面パンチも有り。

中盤ではマジックオウル進化でフレイムデストロイヤー、炎の握激のスペブを進めることが理想。5ターン目くらいにマジックオウル相打ちで盤面が寂しくなったからと言って、コストが0になったフレイムデストロイヤーをポン置きすることはしません。

フレデスをポン置きしてしまうと、すぐに倒されてしまいます。

後半の立ち回り

早ければ7ターン目、遅くても8ターン目に暗黒の召喚士、そのトークン、フレイムデストロイヤーを並べることが理想。処理ができない場合はそのままリタイアされることも少なくありません。

環境にとにかく多い人形ネメシスはこの処理に多くの人形、進化権、重要カードを吐くことになるため、勝ち筋が潰れることも多く、こちらが一方的に殴る展開になることも多いです。

暗黒ウィッチは奪い取る指揮というネメシスのスペルでメタることも可能ですが、環境のウィッチはマナリアバーンやギガキマが多いため、奪い取る指揮はほぼ入っていません。

今のローテデッキの中では安く作れるのでおススメ

暗黒ウィッチは最初は手札燃えを怖がり強い動きができなかったりと最初は難しかったです。でも、慣れると簡単な部類のデッキです。AFネメやアグエルみたいに考える必要はありません。その上、生成コストも安いし。

禁忌は9月でローテ落ちしてしまうので、ローテメインでランクマに潜っている人には生成はおすすめできませんが、1枚だけでもそれなりに勝てるので、持っているなら暗黒ウィッチデッキはかなりおすすめのデッキです。