地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【食べ物レビュー】日清焼そばUFO湯切りなし 五目あんかけ風焼そば

こんにちは、ラーメンも大好きな桜雨です。

今回は8月27日に発売した『日清焼そばUFO湯切りなし 五目あんかけ風焼そば』が近所のスーパーで売っていたので食べてみました。こちらの商品は希望小売価格が180円(税別)です。

サイトの情報によると、『しなやかでコシのある細麺、鶏がらスープとしょうゆをベースにした回線のうまみと野菜のうまみを効かせたとろみのある中華風あんかけスープ、大切りキャベツ、きくらげ、人参、チャーシュー、ネギ』が特徴とあります。

今回の商品は2017年8月に発売された『日清焼そばUFO湯切りなし あんかけ中華風焼そば』のパワーアップバージョンだそう。2017年に発売されたあんかけ中華風焼きそばは湯切りが不要ということで、SNSでブームになったとのこと。

f:id:sakuratoame:20180909121647j:plain

画像がかなりボケてしまい、すみません。

パッケージをはがすと、おいしく作るコツが掲載されています。

f:id:sakuratoame:20180909122000j:plain

蓋を『ここまではがす』まではがします。

f:id:sakuratoame:20180909122329j:plain

サイトの情報の通り、この段階で麺がかなりの細麺だということがわかります。

f:id:sakuratoame:20180909122729j:plain

とろみの素と粉末スープが付属しています。

f:id:sakuratoame:20180909123703j:plain

焼きそばではありますが、お湯を入れた状態でとろみの素、粉末スープを入れていきます。焼きそばというよりはお湯の少ないラーメンを作っている感じです。

よくかき混ぜないと本当にトロミがつきません。

最初に軽く混ぜた程度で少しくらいはトロミがつくだろうと思っていたら、全くつかず、「え? マジで? お湯が多すぎた?」と困惑しました。

麺をほぐす程度の混ぜ加減ではなく、スープを直接、箸でかき混ぜたらトロミが出たので、良かったです。説明のとおり、1分ほど混ぜました。

f:id:sakuratoame:20180909123520j:plain

完成です。あんかけ感が少ないように見えますが、少しだけとろみついてます。

キャベツは他のラーメンと比べて少し大きいです。角切りのチャーシューが数枚入っています。人参ときくらげ、ネギの存在感は低め。

f:id:sakuratoame:20180909124010j:plain

麺が細いので、ツルツルと口に入ってきて、食べやすいです。オイスターを始めとした海鮮系の優しい甘みがとても濃く、口の中に広がっていきます。しょうゆは濃くなく、あくまでも海鮮系や鶏ガラのだし、野菜の風味が前面に押し出されています。

包容力という言葉がピッタリのこの優しいラーメンを擬人化したら、心優しいお姉さんになると思います。

スープにとろみがついているからというのもあるでしょうが、麺によくスープに絡むので、優しい味にありがちな物足りない感が一切ありません。しょうゆ味は確かに薄いのですが、よく絡むスープのお陰で味付けに満足できます。

優しい味のカップラーメンが食べたいなと思った時におすすめの一品です。