地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】魔導電磁サイでデッキを増やすチャレンジをしてみる

こんにちは、アディショナルカードのレジェンドは魔導電磁サイを引き当てた桜雨です。

マキナなしの構築で盤面取るのに使えるカードかもしれないと、手元に来てから考えてはみましたが、デッキ増やされると欲しいカードが手に入り辛くなるかもとも思っています。

アーカスを採用したネクロが増えたら、ネクロ側のフォロワーは場にほとんどいないはずなので、突進フォロワーよりも守護のミスティックAFとクリスタルキャノンのほうが役に立ちそう。

……と、このように現状ではネタ枠から出なさそうな魔導電磁サイなので、ネタとして思う存分使っていこうと思います。

 魔導電磁サイの能力

é²åå é­å°é»ç£ãµã¤

フォロワー・0/7・突進

攻撃時 アーティファクト電磁サイ3枚をデッキに加える。

ファンファーレ +X/+0する。Xは「自分のデッキに残っているアーティファクト・カードの枚数」である。

進化後 2/9・突進

魔導電磁サイ|Shadowverse Portal|シャドウバースポータル|Shadowverseのカード一覧&デッキシミュレータより引用

 今回の遊び方

ソロプレイのプラクティス初級アリサちゃんを相手に、魔導電磁サイでデッキを増やしていき、最大で何枚まで増えるのかを試してみます。

こちら側からは体力が10しかない虚弱アリサちゃんの顔面を殴ることはしません。この勝負はアリサちゃんのデッキアウト以外で負けはないということです。

今回使用するデッキ

f:id:sakuratoame:20180531085510j:plain

キーカードであるサイはピン刺し。理由はこれ1枚しかないから。マキナはデッキを減らす原因になるため、抜きました。

ピン刺しのサイを探すために全力マリガンをし、歌い手と階段でサイを全力で探し、7ターン目までに来なかったらやり直すというコンセプトになります。

サイの生成はしません。スピネを作りたいからと3枚目の闇喰らいの蝙蝠がきたので、真面目にヨルムンデッキを生成するためにエーテルの無駄遣いはしたくないからです。

チャレンジ開始

サイはこちらの空気を読むのが得意な性格

f:id:sakuratoame:20180531091323j:plain

マリガンの状態で、早速やって来ましたピン挿しサイ。プレイヤーの顔色を窺うのが得意な性格をしているようです。出世しそうなタイプではありますが、周囲に気を使いすぎて、ストレスフルになりやすいかもしれません。

早速プレミ

f:id:sakuratoame:20180531091705j:plain

あろうことかイカロスちゃんで間違ってアリサちゃんをぶん殴ってしまいました。ついいつものバトルでの癖が出てしまったのです。

体力が少ないアリサちゃんをこれ以上殴らないように慎重に進めていきましょう。

7ターン目

f:id:sakuratoame:20180531092555j:plain

カッコいい演出と共にサイが着地。ブログなのでお見せすることはできませんので、誰かの動画を見るか2Pickでお確かめください。

アリサちゃんの9ターン目

f:id:sakuratoame:20180531093247j:plain

アリサちゃんの手札がなくなりました。

こちらは10ターン目を迎えています。

29ターン目

f:id:sakuratoame:20180531094747j:plain

とうとうサイの攻撃力が50を突破。こちらのデッキは68枚。

アリサちゃんのデッキは残り8枚です。

以後、毎ターンアーティファクト電磁サイが手札にしょっちゅうやってくるようになります。今後、動物フォロワーが増えていけば、ネメシス版アーティファクト動物園も夢ではないでしょう。

終結

f:id:sakuratoame:20180531095624j:plain

アリサちゃんの36ターン目にアリサちゃんの手札がなくなったため、チャレンジはこちらの37ターン目にて終了。

終結果は攻撃力74というシャドウバースにしてはインフレが過ぎるサイが完成しました。アフリカで乱獲されまくっているサイもこれくらいの攻撃力だったら、人類を蹴散らすこともできたことでしょう。

やってみた感想

誰かに協力してもらって、きちんとルムマでやってみたら、当たり前ですがもっと数値は上がります。こういうのは誰か動画にすると思うので、極限の数字はそちらでお確かめください。

ただ、デッキ上限というのものはあるはずなので、滅殺の鎧やフェアリードラゴンのようなハイパーインフレの数字はこのサイだけでは出ないと思います。

しかしながら、ネメシスにはサフィラがいるので、サイを壊しまくり、ハイパー脳筋サフィラを作り出すこと自体は可能です。かなり時間がかかるでしょうけど……。

この魔導電磁サイは2Pickで活躍しそうだとは思います。ガチ構築のほうではマキナとの相性は悪いと思うので、マキナと一緒に入ることはないと思います。

体力自体は高いのでマキナなし構築だったら、使い道もあるのではないでしょうか。

この辺りはデッキコンセプトの違いであり、安定感を求めてマキナなしの構築もチラホラあるので、今後、魔導電磁サイをランクマで目にする機会もあるかもしれません。

他には人形軸で使えるという書きこみもどこかで見ましたが、人形軸の高コスト帯はキーカードが目白押しなので、電磁サイよりもニュートラルをデッキに組みこんだほうがいいような気もします。

……実際のところ、人形軸は使わないからよくわかりません。そのため、私が思う以上に噛み合いがいいのかもしれません。

魔導電磁サイは面白いカードではあるので、手に入れたら、分解する前に1度は使ってあげてください。