地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】ネメシスAF軸の動きを町工場風にテキトーに説明する

こんにちは、ローソンのゴディバのチョコパフェが美味し過ぎて、生きててよかったと思った桜雨です。

今回はシャドウバースのデッキタイプの1つであるネメシスAF軸のカードのフレーバーテキストを気まぐれで読んでいたら、町工場を連想してしまったので、ネメシスAF軸を町工場風に説明しようと思います。

ちなみに、町工場を連想させたフォロワーはイカロス、鉄杖の機構士といったあたりです。

5ターン目までの流れ

1ターン目

f:id:sakuratoame:20180423195942p:plain

製造術は共鳴管理に使えるので、重要カードの1つです。序盤ではマキナを引くためにも使えます。

製造術を使って、アナライズAFをこしらえて、倉庫(デッキ)に片づけておきます。ネメシスAF軸では武器兼商品を作るところから始めます。

工場の外にゴブリンとかが現れたりして、工場を襲おうと狙ってきます。何故、単なる工場がターゲットになるかというと、工場は兵器でも生産していたんでしょう。

それで、主に民衆で構成された革命軍が手っ取り早く武器を求めてやってくるんだと思います。もっと細かい設定が必要な場合は森を荒らされて怒ったエルフ軍、国を作りたいと勇む邪教軍団、墓参りをしてもらえずに怒ったゾンビ軍団、軍事クーデターなどといったところでどうでしょうか。

2ターン目~5ターン目

f:id:sakuratoame:20180423200333j:plain

こんな感じに横並びをしていくのが、ネメシスの理想だと思います。

AF軸の2ターン目は大抵、魔鉄の獅子が出されることが多いですから、工場の前に行ってもらいましょう。アナライズAFを製造及び倉庫に入れて、敵軍と応戦するのが主な仕事です。

魔鉄の獅子と同種のカードとしては機構翼の戦士、イカロス、歴史を知る者、肉球砲の撃ち手、重力戦士、鉄杖の機構士、鉄鋼の拳闘士があります。

基本的にAF工場は完全分業制なので、デッキに入れる係と出す係が兼任することはありません。ただし、一部のフォロワーは昇格(進化)をすると、配属先が変わり、倉庫からAFを出すことが可能です。

そのため、倉庫にしまう従業員と倉庫から出してくる従業員のチームワーク(シナジー)がとても大事になります。どちらか一方が欠けてしまうと工場は操業停止状態に追い込まれることも珍しくありません。

工場にはデッキのカードの枚数が偶数の時しか電気が来ません(共鳴)。機械の都合で、この電気がないと働けない社員もいます。主に機構翼の少女・ローザ、造られし命・ミリアム、ハクラビ、デウスエクスマキナです。

3ターン目に熱狂の機兵士でアナライズAFを回収。または電気が来ている場合、ミリアムをチョイスで悪戯な少女ミリアムとして出し、デッキから回収できます。

このアナライズAFはとても重要なAFです。序盤からこれを並べ、とにかく相手に破壊してもらうことでドローをします。これにより、また、このデッキの要であるデウスエクスマキナ探し及びサフィラとマグナレガシーの強化を行っていくのです。

AF軸の低いコストのフォロワーはファンファーレなどで相手のフォロワーにダメージを与えるようなものはほぼデッキに採用されません。序盤は相手にダメージを与えるよりもAFをデッキに入れて、横並びをして、AFの破壊数を稼ぐほうが重要だからです。

あと採用されない理由として、カードの中にはAFを捨てることで効果を発揮するものがあり、サフィラとマグナレガシーと相性が悪いというものがあります。

そのため、DBN環境下における序盤の盤面の取り合いは常にフォロワーを横に並べ、相手に処理を迫る以外の手段はありませんが、4から5ターン目に加速装置を置き、6ターン目以降のAFに突進をつけることで盤面を取る準備をします。これがうまくいかないと、ネメシスAF軸はただ並ぶだけになるので、苦しい戦いになります。

5ターン目にスピネを工場の外に行かせることができるようになりますが、有用性を感じている人と感じていない人がいます。スピネは後半にAFを並べてターンエンドした時が1番強くなりますが、体力が高いために6ターン目まで残るから採用するのもアリだそうです。

私の工場にはスピネちゃんが履歴書を応募してくれなかったので、採用不採用すら判断することができません(つまり、当たってない)。

6ターン目以降

6ターン目

f:id:sakuratoame:20180423201719j:plain

マキナを出した場合、共鳴管理で頭の中がとても忙しくなります。

マキナさんが工場の外に行く準備が整う時間です。

マキナを出すと、工場に電気が通っている時、手札を廃棄し、倉庫から新しく6枚補充になるため、この電力管理(共鳴管理)が面倒くさいです。

ネメシスAF軸のデッキの動画の多くがマキナを重要視し、キーカード扱いしていますが、6ターン目にマキナが発動しなくても問題ないというプレイヤーもいて、プレイングスタイルは様々。ただ、マキナがないという構築はAFでは本当の少数派です。

マキナが大切というプレイヤーはAFで横並びの盤面を超える、マキナを重要視しないプレイヤーはマグナレガシーでバーンするという違いがあるように思います。

ネメシスはアナライズAFのドロー能力が高いため、加速装置で突進させるか場に出すだけで手札補充ができるため、マグナレガシーがあればマキナがなくても相手の盤面を破壊することは可能。基本的にアナライズをぶつけ、ドローしながら、相手の盤面を一掃し、AFじゃないフォロワーを展開するというのが理想的な戦い方になります。

スペルで容易に相手の盤面を破壊できる局面であってもマグナレガシーとサフィラを強化するため、アナライズAFをぶつけ続け、10ターン目に10個以上のAFを壊すことが理想です。

相手がロイヤルで、アーサー+2コス軍団が横並びしてきた場合、マグナレガシーがとてもよく刺さります。

フィニッシュ

f:id:sakuratoame:20180423202543j:plain

AF破壊の数に攻撃力が依存するエンハンスサフィラ。体力が高いので、普通に6コス突進フォロワーとして出しても強いです。

ネメシスAF軸工場のフィニッシャーは主に2つ。

・サフィラをエンハンス10で出し、疾走付与で殴る。

レディアントの疾走で殴る。

上記のどちらかになりますが、実際はサフィラのパワーが思った以上に上がらないこととマキナの効果で廃棄処分されることも少なくないので、レディアントで殴りまくることも多いです。

単純に、場に並べたAFで殴るということも少なくありませんし、運がよければゴッドバレットゴーレムがトドメになることもあるかもしれません。

盤面処理ならば負けないけれど、フィニッシュはしっかりと意識しないと他のデッキより決定打に欠けてしまうというのがネメシスのAF軸になります。私はフィニッシュを意識した戦い方をするようになってから10戦4勝から6勝をウロウロできるようになりました。

苦手なデッキ

盤面処理能力の高さから環境トップとなったAF軸ネメシスへのヘイトはすごいですが、アグロや9ターン目フィニッシュができるギガキマ、ドラゴンのようなAoEと回復が豊富なデッキ、エルフに対しては必ずしも有利とは言えません。

これはネメシスAF軸自体が、

・突進と物量で圧倒する割に、スピード感のある戦い方をするデッキではない。

・場に並ぶフォロワーの体力が必ずしも高くない。

・サフィラを流してしまいがち&思うとおりに強化されない、レディアントが計算通りに仕込めないなど勝ち筋が安定していない。

という特徴があるからでしょう。

盤面の圧倒だけなら得意なので、盤面の横並び+バフという特徴を持つロイヤルに対してはとても刺さるわけです。特にコントロールロイヤルはネメシスのリソースに圧倒されるため、アミュレットによるダメージ軽減も無意味となりがちです。しかし、潜伏アグロに対してネメシスは弱くなります。

これは潜伏フォロワーに対しての攻撃手段がマグナレガシーか1ダメの人形遣いの糸だけなので、7ターン目以前であれば、旅ガエルを止める手段がネメシスにないわけです。

ロイヤル一筋で、ネメシスに勝てないという場合はネメシスメタのエルフに照準を絞るか潜伏アグロに一気に寄せたほうがいいのではないでしょうか。

ネメシスを倒したいという場合は7ターン目以内で決着がつけられるアグロ、回復とAoEで圧倒できるギルヴァドラゴン、9ターン目に決着をつけられるギガキマやレヴィン先生がぶっささりの土アグロといったところがいいのではないでしょうか。

ヴァンパイアに関してはヨルムンガンドはヨルムンが消滅しなければ、フォロワーの体力が低いので、手も足も出ないことは珍しくありません。ヴァンパイアは復讐軸、アグロ、ヨルムン軸のどれなのかが読めないので、ネメシス側が対応できないこともあります。

ビショップは教会よりも天狐や聖獅子といった変わり種のほうがネメシスは苦手な気がします。個人的には教会よりも天狐や聖獅子のほうが苦戦した記憶があります。ネメシスAF軸はマキナの関係上、デッキアウトとの戦いでもあるため、回復+攻撃をしてくる天狐のほうが苦手。

もっと分かりやすい上に、ちゃんとしたネメシスAF軸の動きを知りたい方へ

手っ取り早くとても良い動画があります。

マキナメイン

www.youtube.com

【シャドウバース】最強の除去能力。新型アーティファクトネメシス【Shadowverse】

- YouTube

あぽろさんの動画はマキナが最も大切なキーカードとなっています。他には肉球砲が採用されています。これも採用する人と採用しない人が分かれるカード。

ネメシスは長期戦になりやすく、突進を持つ肉球で盤面を守り、ライフ被弾を抑えることを目的にしていると思われます。

肉球砲はドロー効果のないエンシェントでデッキを増やしてしまうため、マキナが引けなくなるからと採用しない人もいます。マキナの重要度が高いデッキとは相性が悪いかもしれません。

マキナの重要度が低いネメシスAF軸デッキ

www.youtube.com

【シャドウバース】不利デッキ一切無し!Tier1殺しのAFネメシス!【ゆっくり実況】 - YouTube

概要欄にデッキ回しについても書かれているので、とても参考になります。

ただ、レジェンドの採用が多いため、生成コストは高めです。

 

最後に、この記事は悪ふざけで書いたものです。それにも関わらず、ここまでお読みいただきありがとうございました。