地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドウバース】クリスタルキャノンは結局腐ることが多い気がする

こんにちは、シャドウバースのすみっこにひっそりと生息する桜雨です。

ネメシスのカード「クリスタルキャノン」のデッキを作ってローテで遊んでいたので、その時の感想でもつらつらと書いていきたいと思います。

なお、クリスタルキャノンを有効に活用しているプレイヤーもいるはずなので、この記事は一プレイヤーの個人的な感想と割り切ってお読みください。

クリスタルキャノン

https://shadowverse-portal.com/image/card/ja/C_108822010.png?20180328a

アミュレット・コスト4

自分の場に、元のコスト3以上のアーティファクト・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、3ダメージ。

ネメシス版援護射撃ともいわれるカード。

援護射撃はゴールドでこちらはシルバーになります。

DBN環境下でクリスタルキャノンを発動させることが出来るのはミスティックAF、レディアントAF、プライムAFの3つです。

このクリスタルキャノンが決まると強いですが、使っている内に諸刃の剣的な存在のような気もしてきました。

主な使い道と強い場面

純粋にクリスタル・キャノンを出して、高コストのアーティファクトをプレイし、相手のフォロワーもしくはリーダーを攻撃していきます。

特に、クリスタルキャノンはプライムAFとの組み合わせが強いです。7コストとコストこそ重いですが、スタッツは5/5で倒されても何度でも蘇るという、ネクロマンサーフォロワー以上の執念深さを持っています。

これを倒さなければ次ターンではスタッツ5/5のプライムAFが攻撃可能となります。そのため、リーダーの体力を守る必要がより強まる後半では、相手は嫌でもプライムを倒すことが多いです。

そして、次ターン蘇生し、場に登場。またキャノンが発動。再び3ダメが飛んでいくという生命の循環が誕生します。

プライムAFがあの世から蘇ったとしてもこちらのコスト消費は0なため、そこからミスティックAFとレディアントAFでもプレイし、更にキャノンによる6ダメを与えていくことが可能です。

疾走のレディアントAFだけでもこのターン4ダメ、AFに突進を付与する加速装置があれば、ミスティックAFの2ダメが相手フォロワーを襲います。

うまくいけば、1ターンで10点以上は相手に与えることが可能となり、勝利を一気に引き寄せることができます。

ただ、ここまでうまくいくことがなかなかないです。

クリスタルキャノンが腐ったと感じる理由

ドラゴンデッキ相手ではキャノンの発動が阻止されることが多い

相反する息吹・ガルアのチョイスのカード黒の息吹はフォロワー以外にもアミュレットまで消し去ることができるので、まず対ドラゴン戦では活躍することはできません。

私は今現在、Cランクですが、ドラゴンデッキと戦うことが多く、出したら黒の息吹で潰されてしまいます。1回だけでも発動することができれば嬉しいですが、発動せずに消えていくパターンが多いです。

盤面によってはアナライズAFとエンシェントAFのほうが強い

ロイヤルの7ターン目にアーサーを出されて、盤面を制圧された場合、加速装置で突進を付与したアナライズAFとエンシェントAFのほうが盤面を返しやすいと感じます。

アーサーの場合、場に出せるのはコスト2以下のフォロワーで、体力が低いことが多く、アナライズAFとエンシェントAFで簡単に取れるという事情もあります。

単純に、数を多く出して盤面を制圧しないといけない状況では、レディアントAFとクリスタルキャノンだけではターンエンド時に場に出ているフォロワーも少なくなることが多いため、すぐに盤面を返されてしまうことも少なくありません。

あくまでもレディアントAFはフィニッシャーと割り切ったほうが勝率がいいような気がします。

ただ、次の8ターン目ではスカイフォートレス、ビショップ戦では7ターン目にイージスナイト、9ターン目にはヘブンリーイージスと目白押しではありますが、こちらは守備を置ければリーダーのダメージを少なくできる場面も多いため、ミスティックアーティファクトを置いて、ついでに3ダメージ与えるということは可能です。

クリスタルキャノンがなかなか発動しない

盤面によってはアナライズAFとエンシェントAFのほうが強いということは、コスト3以上のアーティファクトAFが場に出る機会が少ないということでもあり、結果的に置物になってしまうことがあります。

レディアントAFはフィニッシャーを担当することが多く、クリスタルキャノンの発動も最終ターンに1回だけということもあり、期待したほどバトルを援護してくれないことも少なくありません。

現在、ロイヤルの援護射撃では強い指揮官フォロワーも増え、発動機会は多いのですが、現状のDBN環境下のネメシスでは優先的に採用したいカードではありません。

クリスタルキャノンは今後に期待したいかな?

元々、除去能力の高いAFネメシスの除去能力を更に高める可能性があるクリスタルキャノンですが、現状では安定した活躍が難しいのが現状です。

7ターン目に相性がいいプライムアーティファクトを出そうにもロイヤル相手だと、盤面処理のほうが優先され、出せないということも少なくありません。しかし、場に出し、発動した時の効果は強力なのは確かです。

ネメシスの勝ち筋としては生き残ったアナライズAFとエンシェントAFでフェイスを殴り勝つや進化したサフィラで勝つといったものがあるため、キャノンに頼る機会は少ないのですが、今後のカードや環境次第ではキャノンが強力になるかもしれません。

そういうわけで、今後に期待したいと思いつつ、AF軸は絡繰(からくり)の神様であるデウスエクスマキナが全てのデッキなため、長い目で見れば人形軸のほうが未来があるような気がします。

なんか、マキナの「後に戻る道はない」というセリフが、マキナのローテ落ちを危惧するプレイヤーに向けてのセリフに思えてきました。アンリミで使おうと思えば、使えるけど、アンリミやったことないし、それにネメシスはバハムートに勝てない……。

バハムートと戦うための耐性持ちのフォロワーが各クラス1つくらいあればいいのにと思いますが、わがままかもしれませんね。