地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

塩味チョコ『ショコラベールソルティホワイト』食べてみました。

チョコレート菓子大好きっ子の桜雨です。

私が住んでいる地元では新商品のチョコ菓子など滅多に売らない保守地域なのですが、珍しく新商品のチョコが発売されていたので、食べてみました。

その名は『ショコラベールソルティホワイト』 

f:id:sakuratoame:20180307171725j:plain

不二家の商品です。

なんでも食塩中フランスロレーヌ産岩塩78%使用とのことで、パッケージにはショコラとフィアンティーヌの親密な関係と書かれています。フィアンティーヌってどなたよ。

袋の一部をお皿に出すと、チョコレートの欠片がお皿の上にこぼれましたが、このチョコレートを覆う薄い欠片のような衣がフィアンティーヌとのことです。

f:id:sakuratoame:20180307171722j:plain

こうやって見ると、表面の衣の影響により麩菓子にも見えますし、違うものにも見えくるのは気のせいでしょうか。

このフィアンティーヌの衣とチョコレート、中にある岩塩入りのホワイトチョコレートの3層構造になっています。食感はフィアンティーヌのお陰かサックリとしていて、甘さの中にほんのり塩味を感じます。

塩とチョコレートの組み合わせに不思議な感じがしましたが、なかなかにチョコレートが濃い感じがします。甘さが引き立っていておいしくて、食べる手が止まりません。

しっとりということも書かれていましたが、サックリ感が強く、しっとり感はあまり感じなかったです。一気に食べてしまったので、のどにチョコレートの甘い余韻が長く残りました。この甘さはお茶で流せばスッキリしそうですが、あいにくお茶がなかったのでそのままにしました。

小腹を満たすのに丁度いい適度な感じの量で、いい感じに空腹は満たされて満足するけれど、次の食事に支障が出ない程度でおやつには丁度よかったです。

塩味と甘みの組み合わせがお好きな方は見かけたら、ぜひお試しください。