地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

塩味チョコ『ショコラベールソルティホワイト』食べてみました。

こんにちは、チョコレート菓子大好きっ子の桜雨です。

ウェブライターという仕事柄、糖分を欲するため、チョコレートとかの食べきりサイズのお菓子が丁度良かったりします。

一時期、チョコレートとか甘い物を食べ過ぎちゃだめだと思い、ナッツ類をおやつにしたことがあったのですが、あまり良くありませんでした。お腹は満たされたのですが、仕事の効率が悪いままでした。

そういうわけで、頭が疲れたなと思ったら、甘い物をガンガン食べていく主義に転向したので、チョコレートを食べていきたいと思います。

その名は『ショコラベールソルティホワイト』 

f:id:sakuratoame:20180307171725j:plain

不二家の商品です。

なんでも食塩中フランスロレーヌ産岩塩78%使用とのことです。あんこの隠し味は塩なのですが、チョコレートと塩の組み合わせは珍しいと思います。私は少なくとも初めて塩入のチョコレートを食べます。

パッケージにはショコラとフィアンティーヌの親密な関係と書かれています。フィアンティーヌってどなたよ。

袋の一部をお皿に出すと、チョコレートの欠片がお皿の上にこぼれましたが、このチョコレートを覆う薄い欠片のような衣がフィアンティーヌとのことです。

f:id:sakuratoame:20180307171722j:plain

こうやって見ると、表面の衣の影響により色の薄い麩菓子にも見えます。一口サイズで持ちやすいし食べやすい形です。

このフィアンティーヌの衣とチョコレート、中にある岩塩入りのホワイトチョコレートの3層構造になっています。食感はフィアンティーヌのお陰かサックリとしていて、甘さの中にほんのり塩味を感じます。

塩とチョコレートの組み合わせに不思議な感じがしましたが、なかなかにチョコレートが濃い感じがします。塩のお陰か甘さが引き立っていておいしくて、食べる手が止まりません。

甘さと塩気という2つの味を感じることにより、単調にならず、どんどん食べてしまいました。

パッケージにはサックリ&しっとりと書かれていましたが、サックリ感が強く、しっとり感はあまり感じなかったです。結構、お腹が空いていたため、あまり味わわずに食べてしまったのかもしれません。甘い物が大好きな方も満足できる一品ではないでしょうか。

小腹を満たすのに丁度いい適度な量で、いい感じに空腹は満たされて満足するけれど、次の食事に支障が出ない程度なので、午後のおやつには丁度よかったです。こういう食べきりサイズのお菓子って食べきってしまえば、保存のこととか考えなくていいから楽でいいですよね。

塩味と甘みの組み合わせがお好きな方は見かけたら、ぜひお試しください。