地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

テレビ版ガンダムZでカミーユが壊れて、1番幸せになったのはファだと思う

ガンダムZは勝利と引き換えにカミーユの精神崩壊という形で幕を閉じました。ただ、この結末はカミーユにとって不幸だとは思うけれど、不幸とは言い切れない側面もあると思う。

そして、カミーユが精神崩壊して、一番幸せになったのはファなのではないだろうか。

もしもカミーユが精神崩壊しなかったら……

カミーユニュータイプとしての能力の高さから、アムロみたいに危険視されて軟禁されたか地球連邦軍パイロットとして従軍し続けるかなんらかの実験に協力する以外に道はないと思う。

高い能力を持つニュータイプゆえに人生が選べなくなってしまっているのではないだろうか。そうなると、ファも当然、カミーユのそばに居続けるために、カミーユパイロットならパイロットとして従軍し続けるはず。

彼女の望みはどんな時もどんな場所であってもカミーユの隣にいることで、フラウ・ボゥみたいに帰りを待つ女性じゃない。だから、彼女は幸せになるどころか命を落としかねない状況が続くことになるし、カミーユを心配し続けなければいけない。その他の状況にしても、カミーユが幸せな状況ではないから、ファも幸せじゃない。

カミーユが精神崩壊したおかげで、戦争から解放されたファ

カミーユが精神崩壊し、しばらくはアーガマパイロットをしていたけれど、それはファの本意ではない。アーガマパイロットがいなかったから、仕方なかったから。のちに、シャングリラに流され、看護師として働きながら、カミーユの看護にあたる。

ただ、カミーユが精神崩壊を起こしたことにより、カミーユの人生は戦争からは解放されたけれど、かなり人生の幅が狭まったと思う。なんぼニュータイプだからって過去に精神崩壊を起こした人間をガンダムに乗せたり、実験しようとするやつはいない。

カミーユが医者をしているムーンクライシスという漫画もあるようだけれど、今回は引き合いに出さない。

精神崩壊を起こしたカミーユはこれからも治療は続くだろうし、一部の職業への就労は難しいと思う。だから、最終的に医者や弁護士は無理でも大学を卒業し、サラリーマンとして働くのが妥当ではないだろうか。それで、そのカミーユのそばにいるのがファ。

代償を払い、幸せを手に入れたファ

配偶者が軍人であるフラウ・ボゥは夫と息子を戦争で亡くし、ミライさんも夫と会えない日々も多い。

アムロニュータイプであるがゆえに、時代に翻弄され続けることになった。これはこれでドラマティックだとは思うけれども、カミーユが翻弄され続けるのはファの本意でもない。そもそも、繊細なカミーユが耐えられるとは思えない。

こういう人物たちと比べると、ファは早い段階から、戦争から抜け出し、カミーユを手に入れることができた。ファが欲しいものは全て手に入れたと言える。ただ、その幸せはカミーユが勝利と引き換えに自らの精神を崩壊させたからだけど。

そうやって考えると、ちょっと複雑な気持ちになってしまう。でも、ファはカミーユを平和な環境で介護という形ではあるけれど、一緒に暮らせるのだから、幸せに思っているのではないだろうか。