地球の陸地のすみっこで

オタクの単なる雑記ブログです

【シャドバ】断罪者・シルヴィアは地味に良いカードかもしれない。

f:id:sakuratoame:20181228202424j:plain

こんにちは、断罪者・シルヴィアを3枚引き当てた桜雨です。前回もリーシェナを3枚引き当てたのですが、ネメシス系のレジェもなんかよく当たるんですよね。

新環境はサタンドラゴンがほとんどで、たまにそれをメタるデッキとの対戦というわかりやすい構図になりましたね。

そのため、たまにそのどちらでもないデッキとランクマで当たるとビックリします。

サタンの登場により、ローテ落ちを待たずにリーシェナ軸が消えたネメシスですが、次回のローテ落ちではAF軸が消えるかどうかの瀬戸際に立たされているんですね。

まぁ、そんなことは置いといて新環境になり、ネメシスでランクマに潜ってみたので、その感想です。

デッキ

f:id:sakuratoame:20181228202445j:plain

2コスト「ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」2枚、「破壊の信者」3枚

3コスト「清新なる銃設計士・ククル」3枚、「すり替わり」3枚、「パペットルーム」3枚

4コスト「人形の支配者・リーアム」2枚、「破壊の歌声」2枚

5コスト「神秘の番人スピネ」3枚、「心無き決闘」2枚

7コスト「奮励の儁秀・シルヴァ」3枚

8コスト「人形の少女・オーキス」3枚

9コスト「断罪者・シルヴィア」2枚

10コスト「復讐の人形遣い・ノア」3枚

デッキコンセプト

サタンドラゴンにボコボコにされたので、それに勝てるデッキがテーマです。勝てるかどうかは相手の引き次第ですが……。

新カード追加直後ということで、新カードを投入してみました。

今回は後ろ寄りの構築にしています。

サタンドラゴンが流行っていますが、早いタイミングでサタンが出てきても10ターン目くらいまではバトルが続くので、後ろ寄りでもいいかなと。

ドローソースの純心さんも階段も落ちてしまったので、破壊の信者をドローソースとして採用しています。

戦ってみた感想

サタン系のデッキはこちらに10ターン目があればそこそこ勝てます。しかし、今期もネメシスにとっては厳しい状況です。そのため、勝率は安定しません。

ウィッチの真実の宣告は相変わらず苦手です。

リーサル手段でもある人形を処理に吐かされるとリーサルができなくなるので、守護と回復を連打してくるようなコンシードやコントロールは相変わらず苦手。

断罪者・シルヴィアは偉いかも

進化権1つでAoEになる断罪者・シルヴィアは普通の単体除去としても使えるので、そこまで邪魔にならないかなという感じです。

破壊の歌声よりも使いやすいし、バジリスより腐り辛いため、地味に良いカードです。

ただ、進化権がある状態でのアクセラレート使用は相手の場にフォロワーがいなくても強制AoEになるので、タイミングを間違うと、進化権の無駄消費になります。

ノアが10コストになって以来、9ターン目の穴を埋めるカードに困っていたので、丁度良いカードが来て良かったかなという印象。

構築だとこの程度の印象ですが、2Pickで輝く性能だと思います。まだPickしていませんが、アクセラレートの除去もフォロワーとしての守護やファンファーレのダメージも非常に強力です。

シナジーに依存するカードが多いネメシスにとって、単体で仕事をするのもポイントが高いです。変なカードと抱き合わされていない限り、Pickしておきたいです。

人形の支配者・リーアムについて

OOT期の人形は4コストと6コストの穴を埋めるのに丁度良いカードがありませんでした。そのため、個人的には進化権を使うことでどちらの穴も埋めることができるリーアムには期待していました。

最初は3積みだったのですが、何度対戦しても対戦中に一度も手札に来ませんでした。強いのか弱いのか全くわかりません。

断罪者・シルヴィアは枠が余ったらとりあえず入れてよさそう

断罪者・シルヴィアは最短後攻4ターン目先攻5ターン目にAoEとして機能するため、今までは序盤の展開に対応しづらかったネメシスにとってはありがたいAoEです。

ただ、AoEは進化権を1つ消費することになるので、進化権をできる限り取っておきたい先攻では使うのがちょっともったいないと思ってしまいます。

それに、現状ではAoEは破壊の歌声やバジリスもあるため、無理してまで採用する必要はないと思います。

構築ではアクセラレートもフォロワーとしても腐り辛い性能なので、枠が余ったらとりあえず入れておくカードとしてはピッタリです。